5/12(土)16:00より「薬局における重症化予防」の勉強会を開催致しました。

今回の勉強会は芦屋本社と東京本社、札幌会場をweb会議システムでつなぎ3元中継で実施されました。

糖尿病による合併症の予防対策(特に透析)として減塩がいかに重要でであるか、GLP-1受容体作動薬が腎保護に重要であることを再認識させられました。(厚労省を中心とした特別研究データ)

また、高塩分下においてGLP-1受容体作動薬の腎保護作用は発揮されないなど、非常に興味深く面白い内容でした。

今回の勉強会は大塚食品の共催で実施されマイサイズシリーズの試食会があるなど有意義な1日となりました。

研修教育部 HARU

0