こんにちは。

短い夏が終わり、だんだんと涼しくなってきましたね。

本日は秋の俳句をご紹介・・・

 

赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり

正岡子規

 

そよりとも せいで秋たつ ことかいの

上島鬼貫

 

うつくしや 障子の穴の 天の川

小林一茶

 

秋の夜や あまへ泣き居る どこかの子

杉田久女

 

柿くえば 鐘が鳴るなり 法隆寺

正岡子規

 

朝顔や 一輪深き 淵の色

与謝蕪村

 

荒海や 佐渡によこたふ 天河

松尾芭蕉

 

何着ても うつくしうなる 月見かな

加賀千代女

 

良いですね。

 

札幌駅西口店 N