ことに店です。

 

みなさま、「認知症サポーター」ってご存知でしょうか。

認知症サポーターとは、認知症の人やその家族の応援者です。特別な「なにか」をしなければならないということはなく、認知症について正しく理解し、偏見をもたず、認知症の人や家族に対して温かい目で見守り、必要に応じて適切な対応をすること。それがミッションです。

養成講座を受講した人は誰でもなることができます。

受講料は、な、なんと、無料なんです!

 

先日、メディプランの副社長と教育研修部長を筆頭に、ことに店と新川店のスタッフが集まって、認知症サポーター養成講座を受講いたしました。

講師は札幌市西区第1地域包括支援センター長の海老さん。平日の19時半スタートでしたが、イヤな顔ひとつせず、ことに店まで来て講義してくださいました。

内容は、

○認知症とはどのようなものか

○認知症の症状について

○認知症の診断や治療について

○認知症の予防について

○認知症の方に接するときの心構えと介護者の気持ちの理解について

○認知症サポーターにできること

など、スライドとDVDを交えながら、わかりやすく説明していただきました。

世の中のひとたちみんなが、認知症を他人事だと思わず、やさしさと思いやりを少しずつでももつことができれば、認知症の人もその家族も安心して暮らしていけるまちになるということです。海老センター長のやわらかくてあたたかい語り口にすっかり引き込まれ、あっという間の1時間でした。

 

開局11周年のことに店。

長く通い続けてくださっている患者様たちが今後安心して年を取っていけるように、また、物忘れ外来を受診された患者様やご家族のみなさまや、漠然とした不安を抱えているご高齢の患者様たちの支えになれることを目指して、日々勉強し、地域との連携を深めていきたいと思います。

 

ことに店 妄想シスターS

 

0