7月9日(日)14:00から阪神調剤ホールディング北海道支社にてTOP-Q研修を開催致しました。
TOP-Qとは、認知症を早期に発見できる可能性のある手法で、今後、この手法を用いて早期発見できる一助となる事が期待されている手法です。
さて、今回の研修ですが、東京本社で行われた講演をテレビ会議システムを使って神戸本社、北海道支社を繋ぎ開催されました。マイクを通して3か所でやり取りするなど非常に面白かったです。
今後、研修の形もこのように変わって行くのだろうと考えさせられる1日となりました。

研修教育部 HARU

You may bring a drink, but no food, http://writemyessay4me.org no pen or whatever
0